歯周病と全身疾患の関連性

 歯周病は、様々な全身疾患との関連性を指摘されています。歯周病は単なる口腔慢性疾患ではなく、全身の状態と深く関わりのある病気だと考えられます。

糖尿病

 歯周病は、インスリンの効果を低下させる因子を作るため、血糖値のコントロールを悪化させ、糖尿病を重症化させることになります。

心筋梗塞、脳梗塞

 口の中の細菌が血液の流れに入ることにより、動脈硬化を作る要因となり、血液の詰まる病気の要因となると考えられています。

細菌性心内膜炎

 口の中の細菌が血液の流れに入ると、心臓の内面に達して心臓の炎症を引き起こすことがあります。

誤嚥性肺炎

 寝たきりの高齢者は、細菌の入った唾液を誤嚥しやすく、その細菌が肺炎を引き起こすことになります。

早産、低体重出産

 妊婦の歯周病は、産科器官への感染による炎症を引き起こし、早産のリスクが高まると考えられています。また、胎盤を通して胎児に感染し、胎児の発育不全、低体重児出産を引き起こすことも考えられています。


 歯周病を放置することは、深刻な全身疾患へのリスクを高めることになりますので、歯科での日頃からのチェックとメインテナンスを受けるようにしましょう!

 歯キャラ博士

ページの先頭へ