シーラント

 シーラントは、虫歯になり易い奥歯の溝を保護材で覆う予防法です。
 生えてきたばかりの子供の歯は溝が深く、ブラッシングでプラークが取りきれない場合があり虫歯を作り易いため、その補助手段として行う処置です。
 乳歯の奥歯や未成熟な永久歯、特に第一大臼歯(6歳臼歯)で有効な方法です。

 シーラントで注意して頂きたいことは、歯の溝を虫歯から守る方法ですので、歯と歯の隙間(隣接面)はシーラントでは保護できません。

 また、シーラントはご家庭でのブラッシング、フロス、食生活を気をつける、定期的なフッ素塗布などといった必ず行わなければいけないことと組み合わせて行う予防法ですので、シーラントをしたから虫歯が出来なくなるわけではありません。

※保険治療で行える方法ですが、お子様により有効かどうか異なりますので、よく診断させていただいてから行います。

シーラントの手順

シーラント0 歯の清掃・前処理

   矢印

シーラント1 シーラント材の塗布

   矢印

シーラント2 光で固める

   矢印

シーラント3 シーラント完了


 シーラントは年数が経つとはがれてきてしまう部分がありますので、定期検診でチェックを受けてください。

ページの先頭へ