根管治療(歯の根の治療)

 虫歯が歯の神経まで達するような大きさになると、虫歯の部分を削って詰め物をする治療(レジン充填)では治らなくなり、歯の根っこの治療(抜髄、感染根管治療)が必要になってきます。

根管治療の流れ

感染根管治療1
神経まで進行した虫歯では、歯の根っこの部分まで感染を起こすことがあります。
感染根管治療2
リーマーという器具で汚染した歯の根っこを掃除していきます。
感染根管治療3
歯の中に根の薬を入れて蓋をして消毒していきます。
感染根管治療4
根の中がきれいになったら、ガッタパーチャという根の詰め物(根管充填剤)を詰めていきます。
感染根管治療5
歯の土台を入れていきます。金属の土台(メタルコア)と白い土台(ファイバーポストコア)と種類があります。
感染根管治療6
歯の被せ物(クラウン)をしていきます。

 根管治療をきっちりと行えば、大きな虫歯でも抜歯することなくご自分の歯を残していくことが出来ます。

ページの先頭へ