乳歯と永久歯の交換時期

乳歯と永久歯の交換時期の年齢

 乳歯が抜けて永久歯が生えてくる目安の年齢です。


  交換期


 個人差はありますが6歳ぐらいになると、前歯や第1大臼歯が生えてきます。
 第1大臼歯は6歳臼歯とも呼ばれますが、最初に生えてくる奥歯になります。
 第1大臼歯は1番虫歯になり易いと言われますが、それは、最初に生えてくるので乳歯の時期のお口の状態の影響を受けやすく、きちんと咬み合うまでの期間が他の永久歯よりも長いことや、歯ブラシや仕上げ磨きが上手くないときに磨きにくい位置にあることなどがあります。
 第1大臼歯に限らず、乳歯や生えたての永久歯(幼若永久歯)を虫歯にしないためにも、定期検診で歯ブラシで磨き残ししやすい部分のチェックを受け、生活習慣(食生活、指しゃぶりの癖など)の確認をし、フッ素塗布やシーラントなどの処置を必要に応じて行うと良いでしょう。

 生えてきたばかりの歯は、まだ未成熟で虫歯になりやすいので、きちんとした管理が重要です。

        仕上げ磨き,母親,膝上

ページの先頭へ