ぶつけてしまったなどで歯が抜けてしまった場合

歯が抜けそう、又は抜けてしまった

 転んで歯をぶつけてしまったりなどで歯が抜けそうになったり(歯牙打撲、歯牙亜脱臼)、抜けてしまった(歯牙脱臼)場合、できるかぎり早く歯をもどす処置(再植)や歯を固定する処置を行う必要があります。
 可能な限りすぐにご連絡下さい。時間が経つほどもどせる可能性が低くなります。
 抜けてしまった歯がある場合には、乾燥させないようにきれいな水や牛乳などに入れてお持ちください。

※頭を強く打っていたり、他に重大なけががある場合には、そちらを優先して担当科にご連絡してからご相談ください。

歯が欠けてしまった

 歯が欠けてしまった場合、抜けてしまった場合よりも緊急性は高くありませんが、歯の神経(歯髄)が露出している場合があります。その場合、早めに処置を行うことで、歯へのダメージを最小限に食い止めることになります。
 また、歯の根っこの部分(歯根)が折れていたり、他の歯や歯肉、歯を支える骨(歯槽骨)に異常があることもありますので、早めに受診して下さい。

 欠けた部分がそれほど大きくなく、歯のダメージも少ない場合には、保険治療の詰め物(コンポジットレジン)や被せ物、銀歯などで治療できる場合もあります。

ページの先頭へ