ブリッジの治療について

 虫歯や歯周病などで歯を抜かなければいけない場合、又は抜けてしまった場合、なくなってしまった歯を補う治療としてブリッジでの治療があります。
 ブリッジは通常、無くなった歯が1~2本ぐらいの場合に行う治療で、両隣の健全な歯を土台にして橋渡しした被せ物をする方法です。

ブリッジの利点

  • 保険適用の治療です。
  • 固定式なので取り外しの必要がありません。
  • 入れ歯よりも違和感が少ないです。
  • 入れ歯やインプラントより治療が短期間で完了します。

また、保険外でセラミックを使う場合には

  • 白く自然な歯の色に近いものにできます。
  • オールセラミックでは金属を使用しないで作ることもできます。

ブリッジの欠点

  • 土台にする歯(通常は両隣)を削る必要があります。
  • 土台にする歯に負担がかかります。
  • 治療後は歯間ブラシなどでの清掃が必要になります。
  • 保険の前歯の場合、プラスチックの素材を使った部分は年数とともに変色してきます。
  • 抜けた歯の本数が多い場合はできません。

保険適用のブリッジの場合

金属ブリッジ装着前  矢印  金属ブリッジ装着

セラミックのブリッジの場合(保険外)

セラミックブリッジ装着前  矢印  セラミックブリッジ装着

ページの先頭へ