痛くない、痛みの少ない治療への取り組み

 歯科では、どうしても痛みを伴う処置がありますので、歯医者を受診する際、治療の痛みや辛さを考えて不安を感じる方も多いと思います。
 当院では、できるかぎり患者様に痛みを感じることなく歯科治療が行えるように準備しております。

痛みを抑える処置について

表面麻酔

 麻酔の注射をする前には、ゼリー状の塗り薬の表面麻酔薬をつけて注射を行う部位をしびれさせて、針を刺した際の痛みを感じにくいようにしています。

細い麻酔針

 33Gという極細の規格の注射針を使用しており、痛みの少ないものになっております。

カートリッジウォーマー

 注射薬の入っているカートリッジを温める専用の機械があります。人肌程度の温度にすることにより、注射の際の薬液の入る痛みを和らげます。

 カプリ画像

伝達麻酔

 親知らずの抜歯や奥歯の神経の治療などの際は、麻酔が効きにくい場合があります。その際、顎の奥の神経の根元に麻酔する方法です。


 このように当院では痛みを抑えるための処置や器具を使用しておりますが、痛みや腫れの強い時や睡眠不足や体調不良などの当日のコンディションによっては、どうしても麻酔の効きにくい場合もあります。その際には、膿を出す消炎処置や飲み薬の抗生剤などで炎症を落ちつけ、体調を整えてから後日治療を行うこともあります。


 また、どうしても治療の痛みに不安がある場合には、初日には治療方針の説明と、レントゲン検査や応急処置・クリーニングなどを行って、後日の処置の予定を立てるようにしております。
 歯科医の方から治療方針の説明の際に、当日からの処置で大丈夫か確認させて頂いておりますので、大丈夫という方はすぐに治療を進めさせていただきますが、自信が無くて気持ちの準備をしてから治療を始めたいという方は遠慮なくお申し出ください。

ページの先頭へ