朝起きた時に、顎のだるさや痛みがある、奥歯が痛い、肩がだるいなどの症状がある場合には、寝ている間に歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります。

家族と寝ている方は、歯ぎしりがある場合には家族から指摘されることが多いと思いますが、一人で生活している方や自分の部屋で一人で寝ている方は、自分で歯ぎしりをしているかなかなかわからないで原因がわからないでいる方もいらっしゃると思います。

かなり強く継続的に歯ぎしりや食いしばりをしている場合には、歯がすり減っていたり、歯にヒビが入っていたりすることがあります。そのような場合には、歯の治療が必要になったり、マウスピースを使用していただく方が良い場合があります。

気になる症状がある場合には、歯科でご相談いただければと思います。