歯周病はあまり症状がない状態で進行することがあります。

普段ちゃんと食後の歯ブラシをしているので大丈夫と思っていても、歯がちゃんと磨けている正しい歯ブラシをしていないとプラークを取り残していることがあります。自分ではちゃんと歯ブラシが出来ていると思っていても意外と磨き残しがあって、そこから虫歯や歯周病が進行していくことがあります。

虫歯は痛みが出たり歯が欠けたりする場合が多いので、ご自分で気付くことが多いのですが、歯周病は自覚症状があまりないままに進行することもあります。最近歯がぐらついてきたな、とか、歯肉が腫れてきたなと感じた段階では歯周病がかなり進行している可能性があります。

そうならないためにも、何もなくても普段から歯の定期検診は受けて頂き、歯周病のチェックを受けて頂くことは重要です。