大きな虫歯が出来て、歯の神経の治療を行わなければいけなくなった時、初めて歯の神経の治療をする方は、治療期間が長くかかるなと思われることが多いです。

歯の神経の治療は、根管治療といって虫歯によって感染を起こした歯の根っこの中を掃除していく治療になります。感染症ですので、神経を取ったから終わりというものではなく、感染によるばい菌での歯の中の汚染が綺麗になるまで掃除、消毒を繰り返していくことになりますので、2回~数回の治療は最低限必要になります。そして、根の中が綺麗になったら、根の詰め物をして、歯の被せ物を作りますのでそこでさらに数回の治療回数が必要になります。

このように、回数、期間がかかる治療ですので、根の治療が途中のまま通院が途絶えてしまう方もいらっしゃいます。しかし、根の治療を途中で放置してしまうと最初よりもさらに歯の状態が悪くなって、更に治療期間がかかってしまったり、場合によっては歯が残せない状態で抜歯になることもあります。

先ずは、根の治療が必要な状態になるほど虫歯を進行させないことが第一ですが、根の治療が必要になった場合には、きちんと最後まで治療を終わらせることが、その歯をそれ以上傷つけないためには必要になります。