口内炎が出来易く、口の中が痛くて思うように食事ができないという方がいらっしゃることがあります。

口内炎の原因としては、体調や体の病気などで口の粘膜が炎症を起こしやすいという場合もありますが、口の中が原因の場合には、虫歯であったり、歯が欠けて尖っている部分があることで出来やすかったり、義歯(入れ歯)が合っていないために出来てしまうといったことなどがあります。

虫歯や歯の尖り具合の場合には、虫歯の治療や歯の調整で改善することがほとんどです。義歯の場合にも、入れ歯の調整が必要になります。

口内炎もそのまま放置していると口腔粘膜の病気に進行する場合もあります。

口内炎が出来て、何かおかしいなと思う時には、歯科でチェックを受けましょう。