虫歯や歯周病を放っておいたために、歯が欠けたり減ってきたりしたり、さらに進行して歯が抜けてしまったという状態になると、うまく噛めなくなり噛み合わせが悪くなってくる場合があります。

噛み合わせが悪くなると、一番の影響は物が噛みにくくなることですが、さらに顎の調子が悪くなり顎関節症になることがあります。そうなると、口の開け閉めがうまくできなくなったり、顎が痛くなったり、さらに肩こりや頭痛の原因になることもあります。

そこまで症状が悪くなってしまうと、治療期間も長くなりますし、もとの調子に戻すのは大変になります。

そのようなことにならないためにも、虫歯や歯周病になってしまった場合には早めの治療を行うことが大切です。