患者さんの中で、歯がしみるようになってきたので見て欲しいということで来院される方がいらっしゃいますが、歯がしみる原因として虫歯や知覚過敏といった歯の異常による場合には虫歯の治療を行っていくことになります。

しかし、虫歯ではないのに歯がしみる場合で、歯ブラシの仕方が良くないために歯のつけねが削れてきてしまってしみることがあります。これは、歯ブラシの横磨きをしていたり、力を入れ過ぎていたりすることなどで、削れてきてしまうことがあります。軽度の場合には、しみ止めや詰め物などでしみる部分をカバーしますが、しみる程度が強くなってきたり、削れている量が多かったりすると歯の神経を残せない事もあります。

そして、横磨きだと、歯の間や付け根まできちんとブラシが当たっていないので、その部分に歯石や着色が溜まってしまっています。このような方は、まずは歯磨きのやり方の確認をして、何が歯に良くないのか、良くないやり方を直していくことも指導しています。

歯磨きの仕方が上手く出来ていないというときでも、遠慮せずにお気軽にご相談頂ければと思います。