自転車で転んでしまったり、階段などでつまづいてしまったりして、顔や歯をぶつけてしまい、歯がぐらついてしまったり、場合によっては抜けてしまったりしてご連絡をいただくことがあります。

このような時は、出来るだけ早く歯科を受診して下さい。歯が動いてしまったり抜けてしまっていても、すぐに戻して固定すれば、抜けないで済む場合があります。抜けてから処置するまでの時間が空いていれば戻せる可能性は低くなります。

歯以外の大きなけががある場合にはそちらを優先していただく方が良いですが、歯だけのけがであれば、出来る限り早く歯科で処置を受ける事がその歯を残せるかどうかを左右することになります。