保険治療では銀歯になる歯などで、セラミックの綺麗な歯にしたいとのご希望がある時に、どのぐらい変色しないのか?ということを確認されることが多くあります。やはり、高額の治療費をかけて行うものですので、どのくらい長く維持していけるのかは気になる部分だと思います。

オールセラミックでは、すべてセラミックを使っていますので変色しません。同じセラミックである陶器が変色しないのと同じです。セラミックでも汚れ自体はつきますが、綺麗に磨くことやクリーニングを行うことで落とすことが出来ます。ただそれでも、セラミックは汚れがつきにくい素材ですので、清潔に保ちやすく新たな虫歯を作りにくい優れた素材です。

また、セラミックは保険で使用するプラスチックよりも、歯の色に近い自然な白さを出しやすいです。

ハイブリッドセラミックというのは、セラミックとプラスチックが混ざった素材ですので、短期的には変色しませんが、長期的には変色してきます。お口の清掃状態などにもよりますが、保険のプラスチックの歯に比べれば変色の度合いもあまりありませんが、若干は変色してきます。しかし、オールセラミックよりは低額で出来るのが利点です。

保険の前歯や詰め物などで使用するプラスチックはどうしても経年的には変色してきますので、長く綺麗な状態をキープしたい場合にはセラミックをお勧めします。

あべ歯科クリニックの審美治療(セラミック治療など)について