歯ぐきが腫れる原因として多いのは、歯肉炎・歯周病と歯の根の感染によるものです。

歯肉炎や歯周病では、歯の周りの歯周ポケットの中で細菌が炎症を起こして歯肉が腫れてきます。歯肉炎や歯周病はプラーク(歯垢)がうまく取りきれていないために、細菌の感染を引き起こします。歯肉炎や初期の歯周病の段階ではプラークや歯石を除去し、清潔な状態を保つことで改善してきますので、歯のクリーニングや歯ブラシの指導を受けるようにしましょう。重度の歯周病になってしまうと歯ぐきの腫れや歯のぐらつきが大きくなり、歯が抜けてきてしまう可能性があります。

歯の根元の感染は、虫歯が進行して歯の神経を腐らせてしまうことで起きます。その感染が重度になると歯ぐきが腫れてきます。そうなってしまうと、歯は傷み具合が大きく、発熱を起こして体調を崩してしまうこともあり、場合によっては抜歯になります。虫歯の原因もプラークですので、普段の歯ブラシや口内ケアで虫歯を防ぎ、虫歯になってしまった場合も、初期の段階で治療することが大切です。

そうしたことを引き起こさないためにも、歯の定期健診、定期的な歯科でのクリーニングで歯の管理をしていくことが重要です。

 

虫歯が進行すると歯の神経が腐って歯の根元に膿が溜まって歯ぐきが腫れてきます。

※虫歯が進行すると歯の神経が腐って歯の根元に膿が溜まって歯ぐきが腫れてきます。